新宿の居抜き物件を賃貸オフィスとして利用しています

リフォームして事務所に

東京に支店進出 / リフォームして事務所に / 新しいオフィスで売り上げ好調

しかし立地などは絶対に譲れない条件だったので、築年数が古くても良いので物件はないかと粘り強く交渉したところ、半月前に借り主が解約した物件があることがわかりました。
ただ以前の借り主はほとんど夜逃げのような状態で出ていってしまったため、飲食店だった内装はそのままの状態になっています。
家賃は予算の範囲内でしたし、立地も希望どおりだったので、この物件がいいと考えて内見をさせてもらうことにしました。
想像していたとおり、立地も良く広さも申し分がありませんでしたが、内装はけばけばしい飲食店のままになっています。
不動産会社からは居抜き物件として契約するのであれば、家賃をもうすぐ下げることができるといわれましたし、リフォームに関しては自由にしていいと大家さんが決めているということだったので契約することにしました。
契約してすぐに普段から馴染みのあるリフォーム会社に連絡をして、オフィスとして利用したいということを話して見積もりを出してもらいました。
飲食店だったものの軽食を中心に出していたようで、大きな厨房機器もなくリフォームがしやすいことがわかりました。
床はクッション性のある絨毯式のものに張り替えて、壁紙はシンプルに白で統一しました。
必要ない厨房機器はリフォーム会社とつながりのあるリサイクル業者に搬出してもらい、そこでオフィス家具を取り扱っているので交渉してリーズナブルな価格で購入することができました。